Delphiマイグレーションサービス『DEAMS』の取り扱い開始

Deams

古いDelphiシステムを最新バージョンにマイグレーションいたします。

独自の自動変換ツールを利用し『低価格』『短期間』『高品質』を実現!

株式会社オン・アンド・オン(代表取締役:岡本英利、本社:東京都新宿区)は、株式会社ISTソフトウェア(代表取締役社長:染谷光四郎、本社:東京都大田区)の販売する「Delphi(※)で開発されたアプリケーションを対象としたマイグレーションサービスである『DEAMS』」の支援並びに取り扱いを開始致します。

まだ多く稼働している古いDelphiのシステムを最新環境で蘇らせることで、最上流からの再設計、他の言語による再構築等の莫大なコストを投下せずにシステムを継続利用出来る様に致します。
そのままでは稼働環境が狭まり、最新Delphiとの乖離も多く、また技術者が減少して居ることもあり、一般的にはバージョンアップが困難な状況となっています。
そこで、当社は最新バージョンに自動変換する(一部手作業は発生)独自開発のツールを用い、低価格、短期間で確実に変換対応できる様マイグレーションをサービスとして提供させて頂くこととしました。また、マイグレーション後のシステムに対してもモダナイズ(現代化、モバイル対応等の多様化など)の付加サービスの提供も追って行う予定です。これにより、旧バージョンのシステムが最新の稼働環境並びに最新のマーケット・リクエストに応えることが出来る様になります。
本サービスはすでに受注しビジネスを開始しております。
サービスは、株式会社ISTソフトウェアが提供いたします。当社は、技術協力と販売取り扱いで協業させていただき、多くのDelphi潜在資産を再度有効利用していただけるよう推進いたします。

■旧バージョンのご利用における問題点
 ◇製品提供元(エンバカデロ・テクノロジーズ)のサポートが終了している
 ◇Windows10での稼働が保証されていない
 ◇64bit実行モジュールの作成が出来ない
 ◇データベースアクセスに旧方式(BDE、他)が使用されておりレスポンス悪化やサポート切れなどの問題あり

■マイグレーションサービスについて
 ◇どのバージョンからでも、最新バージョンにマイグレーションいたします
  ⇒Delphi2007以前の古いバージョンからでも可能です
 ◇独自の変換ツールを使用したサービス 『低価格』 『短期間』 『高品質』
  ⇒過去実績におけるノウハウが集積された自動変換ツールを利用するので低コストかつ短期間で完了し品質も高レベルです
  ⇒案件に応じて、ツールのカスタマイズを施すことにより、効率がさらに上がります(※一部人的作業も発生)
 ◇正確な事前見積が可能
  ⇒分析ツールによる迅速な見積が可能
  ⇒変換工程にて発生する問題点などが事前に判明/信頼性の高い見積が可能
 ◇短期間でのマイグレーション
  ⇒自動変換ツールによる変換がベースとなるので短期間でのマイグレーションが可能です
 ◇文字コード変換にも対応
  ⇒ANSI(SHIFT JIS)からUnicodeへの変換 ※自動検出+手作業
 ◇データベースアクセス方法の置換
  ⇒現行Delphi標準搭載の「FireDACコンポーネント」へ
  ・「BDE」からは変換ツールでの移行が可能です ※「ADO」対応ツールは開発中
  ・各データベースに関するパフォーマンスを引き上げることができます
 ◇豊富な実績
  ⇒Delphiの初期からその開発に携わっているスペシャリストを有し、マイグレーションの実績が多数あります
 ◇東証一部上場『アイネットグループ』が提供するサービス
  ⇒1千人超の技術者集団と4棟の自社データセンターを有するITサービス企業グループ
  ⇒マイグレーション以外にもシステム全般に関する高品質なサービス提供が可能
 ◇その他、付随サービス
  ⇒帳票ツールの変更
  ⇒データベースの変更(例:Oracle⇒PostgreSQL)
  ⇒3階層モデルへの変更(WEBアプリケーションへ)
  ⇒モダナイズ

■当社サービスのメリット/他社比較

  当サービス 他社サービス

実施方式

ナレッジベースの自動変換ツールを使用

人的手作業

品質

自動変換ツールを利用するため高品質

かつ安定品質

対応技術者のレベルによるばらつきがあり品質は不安定

費用

ツール利用のサービス料がベースとなるので低価格

作業工数ベースとなり割高/予期せぬオーバーコストのリスクあり

事前見積

ツールでの事前シミュレーションの結果から信頼性の高い見積が可能

サンプル確認による人的見積になるので全量の見積が困難

期間

短期間/自動変換ツールによる即時変換

※一部手作業あり

長期間/人的作業で時間がかかり、かつ要員調達の問題も発生